38w4d、入院3日目&退院

こんばんは。いや〜、まさかの展開になってしまいました。

まずは、昨日(入院2日目)のことから。

●1/28(入院2日目)

7:00頃 個室に移動し、NST開始。脱水予防の点滴開始。張りは4分間隔らしい

8:30頃 前日挿入したラミナリアを除去し、プロウペス膣剤を挿入

9:30頃 陣痛間隔は2-3分らしい

9:45頃 LDR(分娩室も兼ねている個室)に移動

11:00頃 痛みの我慢が限界になり、硬膜外麻酔を入れてもらう。麻酔が効いとくると痛みはゼロに。このときの陣痛間隔は1-2分らしい

15:30頃 疼痛はなし。嘔吐あり

16:45頃 嘔吐あり

17:40頃 嘔吐あり

20:10頃 嘔吐あり

20:15頃 内診で子宮口は3cm程度。プロウペス除去

21:00頃 麻酔を一旦終了

21:20頃 麻酔中は絶食のため、初めての食事

23:00頃 就寝。しかし、定期的にくる陣痛の名残のため、あまり寝れず…

そんな感じでした。私の場合は、麻酔による副作用で腹部周囲の掻痒感があるくらいでした。嘔吐はプロウペスの副作用と考えてます。

●1/28(入院3日目)

6:30頃 起床

7:00頃 脱水予防の点滴を開始予定でしたが、ルートが漏れてしまい、何度も取り直しをしてもらう(朝の忙しい時間に申し訳なさでいっぱいになりました)

8:20頃 内診で子宮口3-4cm、頸管展退度60-70%、児頭の位置-2

8:30頃 脱水予防の点滴(ラクテックD)と促進剤(オキシトシン)開始。30分ごとに濃度をup

12:40頃 疼痛の我慢が限界になり、麻酔再開

13:00頃 オキシトシンMaxに(120/hr)

 内診は子宮口3cm、頸管展退度60%、児頭の位置-2と不変

15:10頃 疼痛や副作用はなし。内診はやはり不変、と

 ここで、主治医より今日の分娩は難しいこと、今後の分娩予定の相談をされました。最終的には、本日一旦退院し、1/31(明後日)再入院し、2/1と2/2に再度計画無痛分娩をすることになりました。

ということで、本日急遽退院しました。本当に突然でしたが、内診で子宮口が全然開いてなかったので、薄々こうなることは想定しており、特にショックを受けることもなく、落ち着いて現状を受け入れれた(はず)と思います。

なので、気を取り直して、また明後日の入院に備えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です