近況報告と医療現場

こんばんは〜、最近はなかなか投稿できない日が続いてます。

簡単な私の近況報告(私の職場の現状報告?)になります。

最近は自粛が解除されたということで、私の科(皮膚科)は毎日ほぼパニック状態です。院内のコロナ感染者が全員退院されたことも関係しているのか、毎日凄まじい数の患者さんが受診されます。そして田舎ということもあり、自粛生活から解放された方々(特に高齢者)は人と話したがる方が多く、診療が全く進みません・・。外来が終わる頃には診療時間が数時間オーバーし、医師看護師など、みんな疲れきってぐったりしてます。

あまり公言してはいけないかもしれませんが・・もう一つ、これは私が診療していて感じることなのですが、モンスターペイシェント(またはその家族)が非常に増えてきている印象です。病院によって患者さんの層が多少なりとも違うので、その違いもあるかもしれませんが、本当に多いです。どれだけ親身に診療・治療しても、思い通りにならないとすぐにモンスター化する方々が増え、非常にやる気を失います。コロナ騒動でただでさえピリピリしているのに、モンスターペイシェントの対応を頻繁にしないといけなくなる現状に、医師としてのやりがいをほぼ感じなくなっています。日本という国は誰のために医療を提供しているのか、自問自答を繰り返す日々です。もうアメリカのように国民皆保険をなくせばいいんじゃないかとさえ思えてきます。これ以上はタブーになるので書けませんが、医療の現状は悲惨です。

暗い話になってしまいましたが、最近はそんな感じの生活をしてます。どうか、病院を受診される際は医療従事者を温かい目で見守ってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です