買い占め・・による被害

こんばんは〜。連日テレビで報道されているように、COVID-19によるマスクやティッシュ、ガーゼ等の買い占めが日本全国で起きているようですね・・。

私の場合、毎日外来をしているため、病院で準備してもらっているマスクを着用してるので、特に困ることはなかったのですが(もちろん、土日は自宅のマスクを着用してます)・・ついに、病院のマスクの在庫があと2週間分くらいになってしまった、と告知がありました。大量に買い占めている人がいる代わりに、実際の医療現場でマスクが不足している状況はいかがなものかと思ってしまいます・・。特に、毎日数十人の患者さん(+そのご家族)と接する機会が多い私たちは、どの患者さんが感染者かわからない状況ですので、マスクがないと外来を閉めることも考えなければいけません・・。国がマスク供給量を増やすといっていますが、今のところ、その恩恵をまだ感じていません。

それにプラスして、マスクの材料であるガーゼがなかなか買えなくなってきている、と患者さんからの悲鳴も日に日に増えています。ガーゼの処置が必要な患者さんにとって、ガーゼが買えないことは、創傷治癒ではマイナスでしかなりません・・。そのことを世間の買い占めをしている人にも気づいてほしいものです。

商品が必要な人の手に届くよう、一刻も早く政府が対策を取り、不必要な買い占めが減りますように・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です