待機の振り分け

こんばんは〜

年末年始も近づき、今日は年末年始を含めた12月の待機表を上司と作りました。

私の科は上司と2人体制なので、基本的に月の半分は待機です(待機に入ってくれないor数日しか入ってくれない上司もいるため、今の上司には感謝しかありません)。もっと忙しい科もたくさんあるので、忙しいとは決して言えませんが、月の半分は病院からあまり離れられない(呼ばれたら20-30分以内に駆けつけないといけない)ため、行動範囲がだいぶ制限されてしまいます。夫よりは呼び出し数が少ないので、少々気は楽ですが、それでもいつ電話がかかってくるかわからないため、ビクビクしながら待機を過ごします。

そこで、私は1月1日からお仕事が始まる1月5日まで待機となりました。皮膚科は短期入院の方もいますが、今はほとんどが処置の必要な長期入院の方です(つまり、年末年始に患者さんの数が減ることはないんです)。ということで、新年早々、半日程度+αを病院で過ごすことになりそうです。半分割しているので不満は全くないのですが、今まで年末年始は待機やら当直やらで全く帰省できていなかったため、今年くらいは帰省したかったな〜・・と思ってしまったわけです。こんないい上司に巡り会えたので、贅沢な話なんですけどね〜。

そんなこんな、皮膚科医の待機に関する現状でした〜。(医者の数がもっと増えてくれればいいのに〜・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です