かゆみ

こんにちは、GW1日目ですね、私の住む地域は昼頃からザーザー降りの雨(+雷)に見舞われ、寒い1日となりました。

こんなときはホット飲料(今日はココア♡)を飲みながら、アロマ(今日はジャスミン♡)を焚いて家でのんびり過ごすのが好きです。アロマの香りも好きですが、優雅に揺れ動く火を見るのも、心が落ち着くような気がして好きです。

 

今日はもしかしたら参考になるかもしれない、”かゆみ”についてです。

”かゆみ”って厄介ですよね。一時的なものならいいのですが、何日も続いてしまうと睡眠もとれず、身体が参ってきますよね。私のところには、そういった方が多く来られます。もしかしたら、一番多い訴えかもしれません。ほとんどの方は、内臓からくるものだったら怖い、ということを心配されています。

基本的に、”かゆみ”で来られた方に対して、私はまず全身の皮膚をみさせてもらいます。皮膚を見つつ、”かゆみ”が出てきた1−2ヶ月前から現在に至る生活に関して話を聞いていきます。少数ですが、そこで原因がある程度絞れることもあります。しかし、多くは原因不明です、むしろ、原因がわからないことの方が多いです。原因がわからなくても、お薬で今の症状をある程度緩和することができるので、この時点で私は症状に合わせてお薬を処方します。お薬をある程度の期間調整し、それでも症状があまり変わらない方に対しては必要な検査をします(もちろん、症状によっては最初から検査する方もいます)。原因追及にばかり時間を費やしても、今困っているのはそれによる症状であり、いくら検索しても原因がわからないことが多々あるからです。お薬を使っている間に自分の生活を振り返り、これが原因だったかもしれない、という方もいます。何よりも私が診察で気をつけていることは、自分で掻いて症状を悪化させていること、そこに気付いてもらうことです。それだけでも”かゆみ”はだいぶ落ち着くのです。

簡単でしたが、”かゆみ”にお困りの方は、自分である程度生活を振り返ってから病院に行くと、意外に原因がわかるかもしれません。しかし、原因がわからなくても症状に応じた治療方法があるので、”かゆみ”で苦しんでいるのなら、一度病院に行ってみてください。

以上、今日のつぶやきでした〜。あ〜、寒い・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です